間食などについて勉強しました

勉強をしました。主食は年齢に合わせた種類があるので、成長とともに切り替えをしましょう。生後1年間は目覚ましい成長期です。この時期は、栄養価の高いフードを食べさせます。間食(おやつ、スナック)はガム、ビスケット、ジャーキーなどさまざまなタイプがあります。ごほうびとしてなど、特別な場合だけに与えます。その他の目的食は、副食として与えられるものや栄養管理や食事療法など限定された目的で与えられるものが主です。副食となるフードは「一般食」と表記されることが多く、これは人間でいうと「おかず」にあたるものです。人間も、おかずだけでなく米や野菜などを一緒に食べないと栄養バランスがとれませんが、同じように犬も一般食はあくまで副食としてや、総合栄養食のトッピングなどとして利用するといいでしょう。また、特定の栄養成分の調節やカロリーを補給するための栄養補完食、犬の食事管理を目的とした特別療法食は、獣医師の指示のもとで与えましょう。http://www.sportlagune.nl